【消防小説】第2話 マスコット

第2話 マスコット

 救急隊はいつもどおり、午前中は資料の読み合わせを行っている。江尻と俺は消防車に自分達と隊長の分の装備を積み込み、水利点検に行く準備をする。

 水利点検は管轄の水利状況を確認する大切な任務である。と言いつつ、なかばドライブのようなものである。しかしこのドライブが本当はとても重要だ。水利の確認がメインではあるがサブ的な一面として街中の状況を確認したり、道路の状況を確認することが所轄消防隊として非常に大切な任務なのだ。これはきっと江尻も隊長もとても大切にしている。雨が降ってなく、他に業務がなければ、ほぼ毎日行っている。

 隊長は「市民に消防車を見せることが大切」と思っているらしい。そんな心意気が好きだし、それを全面的に見せないところがより好感度を増幅させる。

「今日は南方面へ。」

「いや、北にしてくれ。」

おっ、と思った。隊長が「そーせい」と言わない時には何かある時が多い。

「わかりました。エジ、北方面だと何箇所だったっけ?」

わかってるのに聞く。ちゃんと理解しているか確認する。

「18箇所です。」

「ブー、こないだ新設が出来たから、19箇所でしたー。」

「・・・・・くそ。」

こんな会話をしながら快調に車を走らせる。こんなわずかな会話が車内を和ませると信じているが、それもこれも穏和な隊長の人柄だとも理解している。

 水利の点検だけだと30分くらいで終わってしまう。江尻と俺の動きは早い。無駄な動きは一つもない。点検などとっとと終わらせて、ドライブに興じたい。

「点検、終わりました。」

「おつかれ。じゃあ高根小学校の方を回ってくれ。」

察しが付いた。

(小学校でなにかイベントをやってるな。)

車を走らせると、横目に頭にタオル鉢巻きを巻いてジーンズを膝下まであげている中年男性が見えた。

(バザーだな。)

的中した。小学校の校庭にはいくつかのテントが広げられていて、運転席のウィンドを少し下げると香ばしい香りが漂ってきた。

「止めてくれ。」

「了解す。」

そう言って、ハザードをたいて消防車を路肩に止める。隊長は助手席から降りて校内に入っていった。俺と江尻も無線を取って後を追いかける。

 隊長はおそらく知り合いだろう男性と挨拶を交わしている。俺たちは通りがかりの子供の手振りに笑顔で答えながら隊長を追いかける。

「消防士さん何してるんですかー?」

子供に声をかけられ、

「んー?パトロールだよー。」

パトロールではない。でもそれでいい。どんな理由でも構わない。こういうイベントに呼ばれてもないのに顔を出して挨拶することがどれだけ大事なことか。消防署とはそれだけ身近でなければならない。隊長の言葉にしない信念に俺も江尻も心から同調している。ただ時代の流れから見れば、疑問を持たれることもある。どうやら時代の流れは公務員の業務と業務外の境目はシビアらしい。ただそんなことに怯えないこの男の背中が俺たちは大好きだ。

「ムラ、車、中に持ってこい。」

「了解す。エジ、周り止めといて。」

江尻がこちらに向かって親指を立てる。俺は消防車に駆け戻って飛び乗り、車を校庭の中に入れる。おそらく隊長が「子供達に消防車でも見せましょうか。」と、責任者か誰かに言ったのだろう。そう言われて断る学校関係者などいない。

 俺たちは喜んでそのマスコットになる。手頃な場所に駐車して、手際良く車内後部座席にある荷物を片付けて、子供達が乗れるようにする。防火衣を車両の外に展示するように置き、車内後部座席のシート後ろに取り付けられている空気呼吸器をステーから外して、防火衣とセットに並べる。この手際良さたるや、まさにイベントスタッフのようで展示のプロである。

 「乗っていいんですかー?」

子連れのお母さんが聞いてくる。

「どーぞ、どーぞ。」

「これなんですかー?」

「写真取っていいですかー?」

「これ触っていいですかー?」

こんな風にいたるところから声をかけられては、さも自分がアイドルにでもなったかと錯覚してしまうほどだ。

 隊長は遠くのテントの中でまた別の男性と話をしている。きっと近所の知り合いかなにかだろう。俺たちは相変わらず子供たちの対応に追われている。この時間がもっとも勤務の中で多忙と言えるかもしれない。これだけでも隊員が足りないと感じてしまう。

 展示もそこそこに、いつも決まって質問コーナーに移行する。

「消防士さんは何歳ですか?」

「ん?お兄さんは29歳だよ。」

いろんな質問が飛んでくる。他の子からは、

「今日のお昼ご飯はなんですか?」

「今日は・・・エジ、なに?」

「今日は麻婆ラーメンです。」

「だって。」

と、言いながら内心ガッツポーズした。この江尻の作る麻婆ラーメンがまた絶品である。というのも、もとより教えたのは自分なのだが、食べれることに喜びを感じる。

「消防士さんは、なんで消防士になったんですか?」

「ん?うん。お兄さんのお父さんが消防士だったんだ。だからお父さんと同じ仕事がしたくて消防士になったんだよ。」

「お父さんて、あそこのおじさん?」

いつの間にか隊長がこちらに向かって歩いてきていた。それを指差して子供が聞いてきた。

「あのおじさんは違うよ。あのおじさんはお兄さんにとっての先生みたいな人さ。」

と、子供にわかりやすいように伝えたものの、本当は父親のように思っている。

 「じゃあそろそろ行くか。」

隊長がそう言った時、先ほど車で追い越したタオル鉢巻きの男性が割り込んできた。

「今日は何人ですか?」

「今日は署に救急隊がいるので、6人です。」

「わかった。ちょっと待ってな。まだ帰らんでな。」

そう言って男性は走り去って行った。申し訳ないがなんとなく見当が付いてしまう。

「今回はなんですかね?」

江尻がほくそ笑んで聞いてきた。

「バカ、なに期待してんだ。」

と、言いながら自分の口角が上がってしまっているのもわかっている。

「これ持ってきー。」

と言って先ほどの男性が焼きそばのパックを6つくれた。それからその男性のお付きの人がペットポトルのお茶を6本、江尻に手渡した。

「そんな、いいですよー、いいですよー。」

と言いながら俺達はがっちりと受け取る。

「すいませんねー、ありがとうございます。」

まさに古き良き日本の文化を感じる。この瞬間が何にもまして幸福を感じる。普段、消防士は意外と、お礼を言われることが少ない。火事に行っても市民と会話をする機会はないし、こんなところでしかそれを受け取ることができない。だから素直に受け取る。「ありがとうございます。」

と、言う時に満面の笑顔は忘れない。

「すいませんねー、逆に気遣ってもらっちゃって。」

そういう隊長も遠慮する気なんてさらさらない。

「いいんですよー、いつもお勤めご苦労様です。」

(きっとこうして、この男は俺たちのモチベーションを保っているんだろうな。)

そう思わせる。研修だの講習だのでよく聞く「部下のモチベーションを保つ方法」なんて、どれだけ売れた自己啓発本より、どれだけ売れっ子のコンサルタントより、この男の方がよっぽど熟知しているなと感じさせられる。そしてそれは俺たちだけでなく、市民にすら影響を与える。有事の際、この男は俺たちだけでなく市民すら動かす。それはこれらのやりとりがあってこそなし得る芸当で、緻密に計算されたもののようにすら見えるが、この男にはそんな計算は微塵もない。感覚でやっている。むしろ本当はこの男が一番焼きそばを熱望していたんじゃないかと思わせるくらいに。

 「帰りましたー。」

「おかえり。今日の収穫は?」

渡部隊長がにんまりと聞いてきた。

「なんで知ってるんですか?」

「だって日曜日に小学校に行ってればさー、そう思うでしょう。」

(この人、俺たちの動態をコンピューターで確認してたな。)

「焼きそばですー。」

と、言って江尻が笑顔で答えながら事務室に入ってきた。

「さて、もうこんな時間だ。エジ、メシ。」

そう言って江尻と台所に向かった。

 台所ではすでに同期の武林と後輩の仲宗根が調理を始めていた。

「お疲れっしたー。今日は麻婆ラーメンで良かったすか?」

仲宗根が本日の調理担当である江尻に確認する。調理担当といっても不在であれば他の者がこうして準備してくれていたりする。

「そうそう。今日はラー油多めね。暑いから。」

と、冗談まじりに江尻が答えると、まな板と包丁で大量の玉ねぎと格闘している武林が答える。

「俺、辛いの苦手って言ってんじゃん。汗止まらなくなるんだよ。」

「暑いからこそ、辛いもの食べて発汗しましょ。デトックスですよ、デトックス。」

と、相変わらずひょうきんに答える。

 皆が各々、作業を見つけ準備する様子は、まさにレストランの厨房のようである。包丁さばきや火加減の調整など細かなところを見るとプロ感はないが、次から次へと作業が進んでいく。先行着手していたとはいえ、6人分のラーメンを作るのに15分とかからない。その間、何度も渡部救急隊長が台所に顔を覗かせる。さぞ空腹なご様子だ。

 「いただきまーす。」

皆が同じ量を食べるわけではなく、それぞれ大体割合は決まっている。鈴木隊長と渡部救急隊長とでは3倍くらいの差がある。

「今日の辛ーな。」

「エジがめちゃめちゃラー油入れてましたからね。」

「これは辛すぎだろう。」

「今度からさ、自分で入れるようにしようよ。」

こんな会話が繰り広げられる。テレビは決まって4チャンネルお昼のニュースが流れている。今日は日曜日だからバラエティ番組ではないようだ。俺たちは黙々と食べる。

 今日はラーメンだが、ここではよくパスタを作る。しかしパスタが盛られるのは平皿ではなくこのラーメンと同じ大きめのどんぶりでフォークを使ったことはない。箸でズルズル吸うのが消防署でのパスタの食べ方である。

 鈴木隊長が一人前を食べ終わる頃には渡部救急隊長のどんぶりはスープまで飲み干して空になっていた。俺達はまだ食べている。食べながら二人の空になったどんぶりを回収して、両隊長は、

「よろしくー。」

と、言って食堂をあとにする。麻婆ラーメンのスープに残ったひき肉を箸でかき集めていると、仲宗根が、

「ふー。」

と言って、立ち上がり、おもむろにベルトを緩めた。お腹いっぱいのようだ。

「ちゃんと全部食えよ。」

この仲宗根と今日不在の石田は消防士とは思えないような細身の体型である。そのことについて渡部隊長以下俺たちは強く懸念を抱いており、二人の体型改善プロジェクトを推し進めている。「消防士たるもの風格が大事だ」これをモットーにただただひたすらに食べさせている。テレビのドキュメンタリー番組でよくやっている高校野球強豪校の”食トレ”を彷彿とさせる。

「食べ終わるまで箸置くなって言ってんだろ。」

厳しい言葉を投げかける。

 消防署では不思議なことに、ことさら大食らいが好まれる。みんな「元気な男の子」が好みなようで、いっぱい食べるというだけで他署にすら噂が流れるほど重要なパロメーターである。かくいう俺と江尻は、署内対抗大食い大会が開かれた時に2位と3位を獲得したほでの腕前である。とはいえもちろん大会には勤務の都合で参加できない者もいるので、その実、俺たちより大食らいな職員はたくさんいる。しかし好条件とはいえアワード受賞者は影響力がある。食事の時間に関しては肩で風を切って歩く。

 食べあぐねている仲宗根の隣で小さくなってる男がもう一人いる。武林だ。彼も少食でそれに加えて食べるのが群を抜いて遅い。

「タケもだからな。」

ぼそっと耳元で伝え、肩を叩きながら自分のどんぶりを引き揚げた。

 台所では江尻がすでに引き揚げられたどんぶりやら鍋やらを洗っていた。

「頼む。」

と、言って江尻にどんぶりを渡すと、俺はすでに洗われて水切りされている皿を拭く。こういう時は先輩後輩関係なくどんどん作業を進めていくのがここでのスタイルだ。

「あざす。」

と、江尻が軽く礼を言う。

 「プー、プー、プー、、、救急指令、入電中。」

予備指令だ。一斉に全員が動き出す音がする。

 「ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、、、救急指令、交通、現場、木浜市高根3丁目国道61号下り若葉交差点、特命出動、敷島救急1、敷島水槽1。」

出動本指令がかかる。これは救急隊だけではなく消防隊も支援出動する。

 みんなが一斉に事務室にある指令システムコンピューターに集合する。マウスを操作するのは救急隊機関員の武林だ。俺は武林の顔にくっつくほど近づいて画面を凝視する。おおまかに場所を把握して、誰もが一目でわかる場所まで拡大表示にする。その後にルートを辿り段々と詳細表示に変更していく。

「国道61号だ。」

「ここ事故多いなー。」

後ろで眺めていた渡部救急隊長が呟きながら事務室をあとにする。

「ムラ、今日は日曜で道が混んでるから、側道はやめておこう。」

「わかった。ついて行く。」

機関員というものは目に見えない多くのスキルを求められる。単なる運転技術だけでなく、緊急走行における安全な運行テクニックから、市内道路の通行状況、また時間帯による交通状況まで把握することが求められる。もちろんそれは年数とともにキャリアとして積み上げられていくものだが、そこに対する機関員の不断の努力はもっと評価されるべきものだとすら感じている。

「エジ、交通だから防火衣で。」

消防隊にはいくつか装備に選択肢があり、最良の装備を選択して出動する。

「了解す。」

足速に皆、事務室をあとにする。ぞろぞろと車庫に出てきて各々が装備を収納してあるロッカーに向かう。救急隊は感染防止衣を着装し、俺たちは順に防火衣を着装していく。まさに早着替えである。この中に新人はいない。全員ものの見事に1分もかからないうちに着替えを済ませる。

 着替えたものから順に自らの席に向かう。隊長は助手席。江尻は左側の後部座席に座り、俺は運転席へ向かう。このときすでに消防車のエンジンはかかっている。誰がかけてくれたのかはわからなかったが、そんなことは気にもとめない。クラッチを強く踏み込みながらシフトレバーをセカンドにグッと入れる。サイドブレーキを下ろして、

「側道を外して行きます。」

と、隊長に伝える。

「ん。」

と隊長が答えるのを待たずして、俺は踏み込んだクラッチをゆっくりと離していく。消防署の敷地を出る頃に、赤色灯の点灯スイッチを入れ、サイレンのボタンを押す。

「ウーーーーー、ウーーーーー」

サイレンを鳴らしながら、先行する救急車の後を追いかける。消防車は重くて遅い。だから軽くて早い救急車に付いていくのは一苦労だ。ましてやこの消防車は市内で一番古く、しかもマニュアル車だ。そしてこの救急車はこないだ更新されたばかりの最新型。でも「機械に負けない」というのが俺なりのモットーだ。時代の波には負けない。自らの技術で勝負するつもりだ。

 「指令センターから木浜市高根3丁目国道61号付近に出動中の各隊へ一方送信、本災害は乗用車同士の衝突事故、252は2名いる模様、挟まれ等はなし、なお交差点内の事故により渋滞が発生している模様、以上」

「敷島水槽1、了解。」

「敷島救急1、了解。」

各隊長が無線応答する。

「だってよ。じゃあムラは事故車両の確認。エジは車両火災に備えて警戒筒先を設定してくれ。終わったら救急隊の活動支援にあたる。なにか問題があれば言ってくれ。」

「了解。」

江尻はバックアップ作業としてホースの延長を支持された。万が一を怠らないのは鈴木隊長らしい丁寧さである。基本的には衝突事故で車両が炎上することは少ない。しかし少ないということはゼロではない。そこを取りこぼさない、丁寧な活動指示である。

 災害現場からかなり手前にて、すでに渋滞が発生していた。先行する救急隊は渋滞した車を左右に掻き分け、真ん中を割って進行していく。俺はその掻き分けた真ん中をさらに広げてもらって通行していく。

「ご協力ありがとうございます。」

と、車外スピーカーで丁寧にお礼をいう隊長。ほどなく現場に着く。

 江尻は手早くホースを伸ばし警戒体制を整える。俺は事故車両の確認事項を一つ一つ確認していく。両方の車内を覗いたが中には誰もいないようだ。1台目の運転席を開け、エンジンは切れているか、シフトレバーはパーキングに入っているか、サイドブレーキは引かれているか、エンジンルームから煙は上がっていないか、ガソリンタンクから燃料は漏れていないか。これらを手早く確認する。

 そのあいだに救急隊は、すでに降車して路肩で座っていた252と思しき傷病者2名の観察に取り掛かっている。鈴木隊長は現場の状況を指令センターに無線で伝えている。

 すでに指示内容を完遂した江尻が近寄ってきて、

「なにか手伝いますか?」

そう聞いてきた。

「こっちはオーケー。あっち、まだ確認してないから、一緒にいこう。」

そう言って、二人で2台目の方に向かう。運転席のドアを開けようとして、ふと車両の右側後方タイヤに目をやったとき、呼吸を飲み思考が停止した。

 こういうとき人はまったく何も考えられなくなる。タイヤのすぐ隣に、わずかに自転車のタイヤらしきものと靴が見えた。

 こういうとき俺たち消防士は、一般人とは違い、まったく何も考えられなくなってから、復活させるスピードが凄まじい。一瞬でほとんどのことを理解した。

 この事故は車両の衝突事故に加えて、自転車も巻き込んでいる。きっと通報内容で自転車というキーワードが出てこなかったのは、この偶発的な複合災害に誰も気づいていない。事故を起こした当事者でさえ。

著者

著者:Shikishima
Twitter→𝙎𝙝𝙞𝙠𝙞𝙨𝙝𝙞𝙢𝙖/小説家にいつかなる消防士
小説→敷島出張所消防隊カクヨムで続きを連載中!

【プロフィール】
・著者:Shikishima
・年齢:29歳
・経歴:消防歴10年
 消防隊→特別救助隊→はしご隊
・消防署が笑いと涙の物語で溢れていることを伝えたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です