【消防小説】第3話 メーデー

第3話 メーデー 「メーデー、メーデー、各隊、事故車両へ。」 最低限の内容だけを全員が装備している署活無線で送り、俺は車両の下を目視する。当たりだ。下に巻き込まれている。 「わかりますか?消防隊です!」 反応がない。地面 … 続きを読む 【消防小説】第3話 メーデー