【取材】新型感染症と戦う救急隊の過酷な現状

お疲れ様です。
よろずです(`・ω・´)b

現状、医療崩壊が進んでいます。
今回とある救急隊の救急救命士の方が現状を発信してくれました。

Qさんは医療崩壊が進む中で医師や看護師の現状を発信は多くあるが、消防の救急隊の身を削って働く現状をもっと多くの方に知ることで危機感を持ってほしい。
そういう気持ちから取材をOKしてくれました。

あますことなく書いて行きます。

・Qさんが一番伝えたい事

よろず

今回はよろしくお願いします!
早速ですがQさんが救急隊として特に伝えたいことはなんでしょうか?

Qさん

よろしくお願いします!
特に伝えたいことは4つです。

①「私」は入院できると思っている人が多数いる。

②感染者のモラル。

③救急隊の活動の変化

④報酬の件です。

すこしでも多くの方に現状を知って貰えればと思います。

よろず

少しでもお力になれるように頑張ります!

この4つを中心に今回は紹介して行きます!
どれも多くの救急隊が抱える問題だと思われる内容です。

①入院ができない?!

よろず

入院できると思っている人が多いんですか?!
あれほど医療崩壊のニュースが出ているのに…。

Qさん

多数います。

20件搬送先を電話しても決まりません。
病院が決まらず、最大で現場待機時間が9時間を超えています。
医療崩壊は進んでいるので自分の身は自分で守る努力をして欲しいです。

よろず

そうなんですね…。
まずは自分の身を守る行動をします。

医療崩壊が進む中で普段では助かる交通外傷や急病が受け入れられなくなってきています。
これは現実です。

そんな中でも、

「いざコロナになっても入院できるでしょう!!
 私なら大丈夫!」


そういった身勝手な考えが消防機関を含む医療従事者の負担を増やしています。
大人しく家に居ましょう!!

②感染者の現状

よろず

感染者の行動でこれはやめて欲しいというものや問題点はありますか?

Qさん

いくつかあります。

・軽症者の通報
・救急車の拘束時間の増加(車内清掃)
・検査を受けたいから救急車を呼ばれた
・マスクをしない、できない感染者の存在です。

よろず

ひとつひとつ教えて下さい!

・軽症者の通報

よろず

軽症者の方の通報も多いんですか?

Qさん

はい。
自宅から呼ばれる方は軽症の方が多いです。
保健所に連絡せず直接119番通報される方が少なからず居ます。

救急車を呼べば入院できると思っている人も多いようです。

よろず

どうしようもないですね…。

始めに伝えることは軽症者だから通報してはいけないということではありません。
身勝手な通報が多いという事です。

基本コロナで保健所から要請がある場合は中等傷以上です。
しかし、自宅から呼ばれる場合は軽症者が大多数です。

通常は症状が激に変わってしまった場合は保健所に電話で伝えるのがセオリーです
それを吹っ飛ばして直接119番通報してしまう人が居ます。

しかし、
救急隊が現着してもすぐに搬送して貰えるわけではありません。
搬送(入院)できる病院を探さなければいけないからです。
救急車を呼べば搬送して貰えるなんて話はないと思って下さい。

>救急車の車内清掃

よろず

車内清掃も時間かかりますよね…。

Qさん

はい。
感染リスクを無くすために徹底的に清掃します。

一か所拭き忘れたところが感染源になる危険があるからです。
また、事案ごとにシャワーに入らなければなりません。

感染症関連の搬送をした場合は救急車が動けるようになるために1時間程度掛かります。
その間は近くで救急事案が発生しても、搬送した救急車は動けません。

よろず

清掃だけでも感染するリスクがある。
精神的な疲労が本当に心配です。

感染症疑いで出動した場合は救急車はかなりの時間を拘束されることになります。
受け入れ先がないこともそうですが、救急車がウイルスで汚染されるので徹底的に清掃するからです。

オゾン発生器を使うほか、次亜塩素酸タオルで徹底的に清掃しています。
この清掃も感染のリスクが高いです。
一歩間違えれば感染してしまいます。

装備が限られている消防機関も大きなリスクを背負って働いて下さっていることがわかります。

>検査を受けたい!そうだ!救急車を呼ぼう!

よろず

えーと検査を受ける為に通報するバカがいるんですか?

Qさん

はい。

「風邪症状が続いてるのでコロナかどうか検査がしたいとの通報」
というものがありました。
検査をするかはお医者様の判断だとお伝えするとふて腐れるご老人でした。

発熱があると陽性者と同様の車内清掃になるので時間が掛かります。

よろず

本当に頭が下がります。

そうそうはないと思いますが、現実このようなヒトもいます。
本当に自分のことしか考えられないヒトはどこにでもいるようです。

「出動しなければいいじゃない!」
という方もいると思います。

基本的に119番通報がされたら救急隊は出動します。
もしかしたらヤバい状態かもしれないからです。

なので、
市民一人一人が感染をしない、させない、適切な対応をとることが大切です。

>マスクをしない感染者の存在

よろず

感染疑いでマスクをしない?!
そんなことあり得るんですか?

Qさん

少なからず居ます。
基本的にはお願いすれば付けてくれます。

しかし、
認知症の方はマスクを食べてしまったりします。
物理的に付けられないので恐怖を感じながら活動してます。

よろず

恐ろしいですね。
その事案にあたったら精神的にキツイです。

マスクを付けない、意思疎通が出来ない感染者と活動することを想像しただけでも恐ろしいです。
救急隊も恐ろしいほど精神的な苦痛を受けてます。

③救急隊の活動の変化

よろず

新型感染症が広まっています。
救急活動はどのようにかわりましたか?

Qさん

代表的なものだと
・先ほど話したオゾンを使用した救急車の車内清掃の頻度
・CPA(心肺停止)状態の方への活動
・感染対策の現状
・一時待機所の存在です

よろず

なるほど!
細かく聞かせてください!

>CPA(心肺停止)状態への活動の変化

よろず

そういえば心肺蘇生法も変更がありましたね!
成人→人工呼吸はしない
小児→できる限り組み合わせる

Qさん

そうですね!

救急隊としては胸骨圧迫の中断時間に変更がありました。
以前は10秒までです。

現在は30秒までに変更されています。
口腔内の作業に入ると、
エアロゾル対策の為に胸骨圧迫を中断しなくてはいけません。

感染対策に注意が行き過ぎて
どうしても中断時間が長くなっている傾向にあります。

よろず

こればかりは仕方がないですね。

心臓が止まっていても感染のリスクは大いにあります。

エアロゾル感染とは厳密な定義がない状況です。
換気が悪い環境車内などでは、咳やくしゃみがなくてもエアロゾルと呼ばれるウイルスを含むごく小さな粒子が空中を浮遊し、感染の原因になる可能性があります。

こればかりは致し方がないです。

>感染対策の現状

よろず

感染対策はどうでしょうか?

Qさん

上下ガウンとN95マスクを装備しています。
風を通さないので夏に向かって地獄のような暑さになります。

車内は養生シート(マスカーテープ)をアイソレーションフードとして使っています。
養生シートでは換気の為に窓を開けるとバタつくためにまったく意味をないません。

よろず

暑さ対策もなんとかできればよいのですが。
予算がないとはいえちゃんとしたものを配備して欲しいですね…。

マスカーテープで養生している様子
窓を開けながら走行すればバタつくのは必須ですね(;’∀’)

救急隊の新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた対応策 | 柏市役所
マスカーテープで養生している様子(高崎市
新型コロナウイルス感染防止対策における対応について
マスカーテープで養生している様子(高崎市)

ストレッチャー取付式簡易アイソレーター 『e capsule』
感染防止が期待できますが値段が養生テープより張ります。
お金がない自治体が複数導入することは難しい。

ストレッチャー取付式簡易アイソレーター
簡易アイソレーター

>一時待機所の存在

よろず

大阪で入院患者待機ステーションの存在が話題になりました!
Qさんの消防署ではこのような対応はされていますか?

Qさん

待機所は大阪消防局だけのもので他の消防本部では使えません。
最近では消防署独自でコロナステーションを開設して長時間かかるものはそこで病院選定をしています。

よろず

テントのような仮説の施設でしょうか?

Qさん

違います。
予備の救急車を利用して活用しています。

トイレや食事も交替でいけるようになりました。
患者さん用のトイレも配備されています。

そのおかげで精神的に頼れる場所ができて助かっています。

よろず

そうなんですね!
拠りどころができたのは本当に良かったです!

私は知りませんでしたが大阪の入院患者待機ステーションは大阪消防局のみが使えるものだそうです。
各自治体対応には追われていると思いますが、一床だけでも待機できる場所をつくる必要がありそうです。

④報酬の件

よろず

実際の所報酬はどうなっていますか?

Qさん

報酬については防疫手当が一日一回3000円までです。
10件でても3000円です。
出れば出る程単価が下がります。

一件ごとに出るように要望を出していますが通りません。

ボーナスや給与も減給されています。

よろず

それは流石にきつすぎます。

Qさん

下げられて当たり前と思っている市民も多いです。

よろず

足の引っ張り合いですね。
むしろ医師、看護師などと同様に増やしていかないと!

公務員だから下げられて当たり前、やって当たり前と言い出すヒトが少なからず居ます。
あなたに何かあったとき動くのは誰だかわっかているのでしょうか?

・最後に

よろず

最後にこの記事を読んで下さっている方になにか伝えたいことはありますか?

医療崩壊は進んでいます。
コロナ以外ケガや病気でも搬送する病院が見つけることも困難です。
こんなことは言いたくありませんが自分の身は自分で守ってください。

そして、
救急隊は公務員ですが、人間です。
人間扱いしてください。
私たちにも家族をはじめ守るべき存在が居ます。
今はそれを犠牲に頑張っています。
よろしくお願い致します。

よろず

お忙しい中ありがとうございました!
少しでも改善されるように記事を作成します!

犠牲はなにを払っているかは消防職員にもよります。

Qさんは小さいお子さんの居る家庭です。
人員不足での休日出勤で家族サービスはできない。
精神的に追い詰められて妻とのコミュニケーションが取れなくなっている。
そしてなによりも、家族の感染リスクが大きい。
その中で救急救命士として誇りをもって働いているそうです。

私たちにできることは自分が感染をしない、広めない為の行動です。

特にお酒関連の搬送が増えてきていると聞きます。
宅飲み、少人数、屋外だから良い!!
ではなく、今一度自分と周りの行動を振り返ってなにが最善なのかを考えて行動しましょう。

今回の記事のまとめ

・医療崩壊は進んでいる、入院できる病院はないと思え。
・自分の身は自分で守る!そのためにできる行動は?
・救急隊も多くの犠牲を払って活動している。後ろ指を指すな!
・医療従事者への感謝を忘れずに過ごそう!

私たちの今の生活は誰かのおかげで守られています。
その事を忘れないようにしましょう!

よろずの坂の発信局各種SNS

lit.link/YorozuFireDEPT

取材希望募集しています!
ぜひ各種SNSに連絡ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です