【救助】救助隊になって良かったこと

お疲れ様です!
よろずです(`・ω・´)b

今回は救助隊になって個人的に良かったことを3つ紹介して行きます。
これから救助隊を目指す方は参考にしてみて下さい。
(`・ω・´)ゞ

【仕事編】

まずは仕事で3つ印象に残っている事です!

①自信が付く

夢を叶えられた経験と救助隊選抜試験に合格した経験から自身が付きました。
自信が付いたことで訓練の意欲が上がったり責任感をより感じるようになります。
個人の感想です(笑)

特に救助隊は他の人(特に後輩)の見本になるように動けと言われていたので事あるごとに怒られてました(笑)
救助隊になって警防隊の頃は良かったな~と思う事も結構あったのは内緒です。
(;’∀’)

②災害の最前線で動ける

警防隊と救助隊の大きな違いの一つだと思います。
もちろん警防隊も危険な現場に突入する場面はありますが頻度は救助隊のほうが多いです。
私自身は救助現場で無力感を感じることが多かったので救助隊として最前線で活動できたことは良かったと思ってます。
(`・ω・´)ゞ

③各種資格が取得可能

これは場所にもよりますが救助隊で必要な資格を公費で出してくれます
例を上げると潜水士など。

しかしながら早く取ってこいと言われて実費の場合もあったりね。
(;’∀’)

【プライベート編】

次はプライベートで3つ印象に残っている事です!
どっちかといえばこっちを聞きたい人が多いかもしれませんね(笑)

①合コンで受けがいい

はい!
レスキュー隊ってだけで受けが良いのは間違いないです。
(;’∀’)
やっぱりメディアで取り上げることが多いからでしょうか??
しかしながらその後どういう展開になるかはその人次第ですよ(笑)

僕はダメでしたね~!

②世間体がいい

公務員なので世間体が良いのは間違いありませんがレスキュー隊ってなるとまた変わってきます。
オレンジ服=真面目、熱血、人命救助!!ってイメージが刷り込まれている気がしてならない。

現在営業先でもロープ渡ったりしてる人でしょう!!
みたいな会話で盛り上がることも多いです。

③メンテナンスを覚えられる??

救助資機材は自分達でメンテナンスすることが多いです。
その時のやり方がプライベートでDIYするときに役に立つことがまれにあります(笑)。

まとめ

救急救命士さんじゃないと分からないやり甲斐や苦労があるように、
救助隊も外から見るだけじゃ分からない苦労、やり甲斐があります!

最初は救助隊を希望していても年数が経つにつれて希望しなくなる人も結構いました。
理由は理想と現実がかなり違う事を知ってしまうからだと思います。
しかし、
選抜試験に合格し救助隊に任命されれば
外から見ただけじゃ分からない隊員の努力や苦労、遣り甲斐、充実感を知ることが出来ます!

まずは一度やってみて適性があるかないか判断すると良いと思いますよ。
(`・ω・´)b
その時に地獄みるかもしれませんが(笑)。

是非Twitterで救助隊になるメリットデメリット教えて下さい。
(`・ω・´)ゞ
Twitter

https://twitter.com/survival_labo

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です