【怪談】白い女の人、YouTube

お疲れ様です!
よろずです(`・ω・´)b

フォローワーの方がネタを提供してくれた消防の怖い(霊的な意味で)話をしていきたいと思います!
ネタ提供ありがとうございます!

これはシリーズ化しようかな(笑)
各消防署で怪談は一つはありますよね~!
是非あれば教えて下さい。
こんな感じで小説にしたいと思います。
(`・ω・´)ゞ

登場人物

・塩原消防士
採用されて2年目の消防士!
先輩に教わりながら日々現場や事務処理などに励んでいる。
疲れすぎると霊が見えちゃう系男子。

・小林副士長
塩原の専属指導者。
この消防署では指導制があり若手に一人上司が付いて訓練や勉強を教えている。
比較的塩原は真面目なので他の人と比べれば楽だと思っている。

白い女の人

僕の消防署では何個か怖い話がある。
今日はその一つを紹介しよう。

舞台は二階建ての時代を感じる消防署だ。
もっと簡単に言えばボロイ。
クーラーもポンコツで事務所を冷やす2台のクーラーの内一つは壊れかけている。
故にいつも暑い。
(´;ω;`)

しかしながら、
ポンプ車や救急車はもちろん、はしご車や救助工作車もあるそれなりに広い消防署である。
実は車は新型だったりするのだ(笑)
僕はそこでポンプ隊として勤務している。

夕方の事務打ち合わも終わり各自が事務処理や勉強、雑談をしている感じだ。

「おい!塩原!お前この消防署のおっかない話聞いたことあるか??」
指導役の小林副士長が話しかけてきた!

「え?!なんですかそれ?!誰か何かやらかしたんですか??」
「そうじゃねーよ(笑)、幽霊だよ幽霊!」
「幽霊でしたか!聞いたことありません。」
といっても感じたことはあったりする。
事務所の横に応急手当指導などに使う会議室があるのだが夜中になると殺気を感じることがあるのだ。
イメージするなら睨み付けられる感じ!

「幽霊なんていたんですね!どんな話なんですか??」
ニコニコ顔の小林さんに聞く。
「夜中の消防署に白装束の女の幽霊が出るって話だ!中隊長も見てるぞ(笑)」
「あれはマジでビビった」
と中隊長もうなずいている。
中隊長の他にも目撃者が割と沢山いるらしい。

「お前も夜遅くまで事務処理してると幽霊に取りつかれるぞ!早く寝ろよ~!」
そう言い残して小林さんは救助隊のメンバーと筋トレに向かった。
最近我が署ではベンチプレスが流行っている。
たくましい胸筋を現場(夏のビーチ)向けで作るとのことだった。

山積みの確認申請書類を処理しデータ入力などを行っていく。
気が付けば1時を過ぎており事務所には僕しか居なくなった。
壊れかけているクーラーが頑張って事務所を冷やしている。
ちなみにこれは完全にサービス残業なのだが明日までに仕上げなければ色々不味いのだ!
たまたま係が僕しか居なかったのが最悪である。

ふと気が付いたのだが異常に寒気がする。
風邪でも引いたのだろうか??
それに事務所が嫌な雰囲気に包まれていてきみが悪い。
何時もならまだ下で筋トレをしている方々がいるので騒がしいはずなのに…。

直感でここにいてはいけない気がした。
クーラーを切って蛍光灯も消す。
一面真っ暗になったことを確認して速攻で事務所を出る。

『バンバンバン!!』
激しく窓が叩かれた音がした。
音が鳴った方に目を向けると一階から二階に上がる途中の踊り場から音が鳴ったようだ。
うん????
まて踊り場?!
踊り場には誰もいないぞ!!

『バンバンバン!!ガチャガチャ!!』
窓をたたく音が強くなる。
まさか?!
踊り場の窓の上の方を見ると真っ赤に染まっている。

「はあ?!」
鳥でも窓に向かってダイレクトアタックかましたのか?!
いや手の跡が見えるんですけど?!
ここ二階だよ?!

すっと白いものが見えた!
人間?!のようなものと目が合う。
その目は血走っていて手は血まみれ。
窓を破ろうと必死にガラスを叩いている!!!
パッと全身を見ると女性のような体つき!!
これったまさか小林さんが言ってたやつ?!

「出た!!!!」
ダッシュで受付に向かう。
受付は必ず人が居ることになっている。

扉を壊す勢いで受付に入る!!
丁度小林さんの時間だったようだ!

「小林さん出ました!!」
「今度はゴキブリか?ネズミか?」
「違いますよ!!幽霊です!!白い女!!」
「嘘つけバカ!!」
「窓叩いてますよ!!」
「どれ一緒に見に行ってやる!」
こんなやり取りをして踊り場に向かったが血塗られた窓も幽霊も居なかった。
見間違いだったのだろうか?
小林さんからは疲れているだろう!
さっさと寝ろと言われた。

あれは見間違いだったのだろうか?
今でも解決していない。
しかし度々食堂や仮眠室で出たという話が出るのであった。

おわり

いかがだったでしょうか?
幽霊怖いですよね!
これは僕の先輩が体験したことを小説にしてみました!

消防系の怪談があったら是非教えてください!
DM待ってます(`・ω・´)b
https://twitter.com/survival_labo

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です